Now Loading...

2013年8月22日木曜日

癒しの笑顔

 私はいわゆるフリーランスで、妊娠前は不規則な生活を送っていた。区の健康診断で「朝食は何時でしたか?」と訊かれて「10時です」と答え、絶句されたこともある。血液検査の関係で問題があったらしく、看護師さんは「普通は7時とかなんですけどねえ」とボヤいていた。どうもすみません……。

 さて、そんな愉しき自堕落ライフも、終わりを告げる日が来る。現在の私は朝は7時前に起き、夜11時には瞼が重くなる。つい昔のクセで夜更かししがちになるが、前夜どんなに遅くとも定時には息子に「ママおきてー!!」と叫ばれる日々である。
 朝の情報番組なぞ縁がなかったが、必要に迫られて天気予報だけは確認するようになった。朝7時台のNHKで近年、関東地方の天気予報を担当しているのは、ユミキさんという若い女性である。
 ところで私は以前から、「お天気お姉さん」という存在がよくわからなかった。ときにアイドル並の人気を誇り、その笑顔に癒される人が続出、と言われてもピンと来なかったのは、私が女性だからという理由もあるだろうが、前述のように彼女らの主戦場である「朝の情報番組」というものに、とんと疎かったことも一因かと思う。

 毎朝、決まった時間にユミキさんは画面に登場し、常道通りに天気を解説する。丸顔の笑顔が素敵な女性だが、公共放送でタレント的な言動をするわけでもなく、特段の印象は持っていなかった。そんなある日、彼女は突然、画面から姿を消した。
 代わりに登場したのは若い男性だった。おそらく夏休みか何かで一時的に交代したのだろう。伝える内容は一緒だし、特に不都合はない、そう思って過ごしていたのだが、次第にどうにもユミキさんの不在が気になってくる私。
 もう一ヶ月近くになるけど、まだ戻ってこないのかなあ。もしかして降板しちゃった!? そんなあ。あの、まあるい笑顔が良かったのに。毎朝必ず会える安心感に癒されてたのに。女性キャスターとの掛け合いも女子会っぽくて可愛かったのに。うわっ、コレ誰のセリフ!? アタシか!!(愕然)。

 その後まもなく復帰されたご本人のブログから、やはり夏休み+時間移動があっただけだと判明したのだが(←調べた)、同じ時間に同じ場所で会える、という安心感に人がどれほど癒されるのかと、しみじみ実感した次第である。失って初めて気づく、とはまさにこのことであろうか。違うか。
 同じ時間に会えれば誰でもいいのか、というのは判断しにくいところだが、やはり私としては彼女自身への好印象がベースにあるように感じる。誰でも同じ、とはさすがに言えないだろう。
 世の男性方を癒す、魅惑の「お天気お姉さん」の世界。その一端を垣間見れたのも、子を持ったおかげである。またひとつ世界が広がって嬉しい。いや本当ですって。

    0 コメント :

    Blog