Now Loading...

2014年4月25日金曜日

ピ〜〜ス!!

 園での子どもたちの様子を写したフォトスナップ。みんな元気にピースサインを決めている。「どこで覚えたのか知らないけどねー」。お友だちのママさんはそう言ったが、息子の場合「どこで覚えたか」は、明確に判明している。
 イトコのお姉ちゃん。ぴっちぴちの女子高生だ。息子に向かって「キャー!! カワイイ!!」を連発し、ピースサインを取らせて自分のスマホで撮影しまくっていた。言われるままに指の形を作り、ニンマリ笑顔で照れくさそうに写真に納まる息子。
 よかったね、女子高生にちやほやされて。これが人生のハイライトじゃないといいけど(遠い目)。

 おそらくこのときに、写真=ピース、と彼の中にインプットされたに違いない。園では他のお友だちも、同じようにピースをしている。カメラを向けられたら、みんなで一斉にピース! 誰もが心底、楽しそうな笑顔。楽しい瞬間。
 20代の頃から、幼稚園等で歌われる「子どもの歌」を作ってきたけど、自分が子を持って、改めて思ったことがある。子どもたちにとって、園とはどういう場所なのか。いろいろ答えはあるけれど、何よりも「お友だち」のいる場所なのだ。

 何の根拠も必然性もない、たまたま「同じクラスになっただけ」の人間関係。その「かけがえのなさ」を、息子も味わいはじめている。
 楽しいこと、悲しいこと、嬉しいこと、不満なこと。暑さ寒さ、暗さ明るさ、天候や季節の変遷。
 みんなで食べるお弁当、ママの迎えが遅い心細さ。遠足で見た大きな海。バスで舐めた飴の幸せな甘さ。
 感じるときは、一人じゃない。いつもそばに「お友だち」がいる。心情を共にして、記憶を共にして、人と共に在ることの素晴らしさを感じてほしいと願う、人付き合いのあまり上手ではない母である。

 お友だちと変顔ポーズ、照れた表情で女の子とツーショット。園からもらったスナップには、母の知らない息子がいて、お友だちと過ごす幸せそうな息子がいて、安心する反面、少し寂しい気分になる。
 母の腕の中が世界のすべてだったのに、今や母の知らない人が息子を知っていて、いや、むしろ息子のおかげで母の世界が広がって、自分には絶対に無理だと思っていた園ママ生活もまあ、ぼちぼちこなし、気づけば想像もしなかった未来に立っている。

 まだ住人のいない室内を、ひたすら写真に撮る私。構図を決めてモニターを見ると、息子がピースで映り込んでいる。そういう写真じゃないから。ほら邪魔だから。そう言っても、息子はやめようとしない。
 ケタケタ笑いながら、気づけば映り込む小さな影。一体、どんな思い出になるのやら。心身共にハードな毎日に根を上げつつ、必死で未来を探す春である。

    0 コメント :

    Blog