Now Loading...

2015年2月18日水曜日

青いてるてる坊主

 10年以上前の、まだ独身だった頃。実家の父が長期出張で家を空けると、母はよく東京へやってきた。
 一緒に繁華街を歩き、買い物をし、ご飯を食べる。時にはホテルに泊まったりもした。18歳で家を出た私は、そんな「仲良し母娘」のような行動とはずっと無縁だったから、娘としてささやかな贖罪も気持ちもあった。母も嬉しそうだった。
 初めて東京ディズニーシーへ行ったのは、そんな折である。開業して数年。その日は平日で、天気は雨。母と二人、舞浜へ向かう電車に乗った。「少しは空いているといいね」と話しながら。

 今なら分かる。「雨だから空いている」が、大間違いであることが。特に平日は、遠方からの観光客など「当初から予定していた」客が多く、雨だからといって客足は鈍らない。加えて、雨のため誰もが皆「屋根のあるところ」を目指す。私たちが目にしたのは、土産物店にギッシリ群がる人、人、人……。
 身動きすら取れず、とても店の品物を見るどころではない混雑ぶりの中、飛ぶように売れていたのが「ポンチョ」だった。確かにこの天気で、それでも楽しむためには必須かもしれない。背中にミッキーとミニーが描かれた、おそらくこの状況下でなければ手は伸ばさなかったであろうポンチョを、私と母も購入した。三千円以上はしたように記憶している。

 私の中のディズニーシーの記憶は「母と一緒で大雨で、三千円以上するポンチョを買った」で終わりである。他には何も覚えていない。母が「これはこれで、いい思い出」と言ってくれたのが救いだ。
 そんなポンチョはその後、押し入れの奥で忘れ去られていた。大判で肉厚で、結構かさばるせいか、雨具として普段使いするには至らなかったのだ。
 そんな「忘れられた」ポンチョを思い出したのは、雨の日も雪の日も息子を自転車で園へ送迎する生活が始まって、一年以上が経ってからのことである。

 自転車の雨具選びは難しい。何度かの失敗を経て悩んでいたある日、はたと思い出したのが例のポンチョだった。ともあれ引っ張り出して、かぶってみる。大きいのでコートの上からでもOK。広がるので自転車にも乗りやすい。なんだ、コレいいじゃん。
 難点は、お世辞にもオシャレとは言えない色とデザイン。フードをかぶって口紐を結べば雨対策はバッチリだが、傍目にはハッキリ言ってダサい。まるで「てるてる坊主」である。
 雨の日は、息子を、真っ青なてるてる坊主が迎えに来る。まるでペンキをぶちまけたようなド原色の青だ。背中にはミッキーとミニー。自転車の後部座席からよく見えるので、息子は結構お気に入りだ。てるてる坊主になった私は冷たい雨に震えながら、これはこれでいい思い出かも、なんて考えている。

    0 コメント :

    Blog