Now Loading...

2015年6月29日月曜日

成長の連鎖

 園へのお迎え時。少しゆったりした服を着ていると、教室から出てきた女の子たちに聞かれることがある。「ねえねえ、おなかに赤ちゃんいるの?」

 彼女たちの目は期待でキラキラだ。だから私は、少し悲しそうな顔で答える。「ざーんねん。いないんだ」。「ふーん」。(ホントはいるんじゃないの?)なんて顔をしながら、別の事柄に興味を移していく女児たち。常に「お姉さんぶりたい」女の子は、自分より小さい子や赤ちゃんが大好きだ。
 余談だが時々「これ自腹だから。あはは」なんて答えるママもいて、気持ちはわかるのだがポカンとする園児を見るに、その自虐ギャグはたぶん通じていない。「冗談を冗談として受け止める」というのは結構、難しいらしく、下手すると「自腹ってなに?」と直球を食らって傷口に塩を塗る羽目になる(涙)。いや、子どもとの会話は気が抜けんよ……。

 「一人目は長かったけど、二人目はあっという間に大きくなる」。複数のママさんから、そんなふうに聞いた。いつ立つか、いつ歩くか、いつ話すかと待ち構えていた一人目に対して、二人目は気がつくと立ち、歩き、ペラペラと話し始める。
 上の子の入園時、まだ足取りもおぼつかない乳児だった弟妹が、年少組に入ってお兄ちゃん、お姉ちゃんの後を追いかけ始める。お迎え時はいつも下の子を抱っこヒモで抱え、常にマスク姿だったママさんが、歩くようになった下の子の手を引いて、にこやかに現れる。ゆったりと結わえた髪に薄いメイク。解き放たれた美しさに、思わずハッとする。
 歩くようになった下の子ちゃんは、ベビーカーの中ですやすや眠る、別の園児の「下の子ちゃん」に興味津々で近づいていく。あっという間に数ヶ月がたち、ベビーカーの赤ちゃんも歩き出す。つい最近まで抱っこヒモの中にいた「下の子ちゃん」が、すっかり姉目線で自分より小さな存在を見守っている。

 午後の園庭で繰り広げられる成長の連鎖。たった三年で感動している私だが、より長いスパンを見守る先生方は、そして園庭の木々は、何を思っているのだろう。時々、そんな思いに囚われる。
 かように下の子は他人に揉まれて育つ傾向があるから、我が子の「コミュ力」(!)に悩むママたちからすれば環境の違いが気になるけれど、でもそれ以上に本人の資質が大きいのでは、と感じることも多い。社交的で活発な長男長女や一人っ子が、私でさえ何人も思い浮かぶ。
 思い込みや偏見ではなくフラットな目で。そう自分に言い聞かせる、一人目で手一杯の母。まだ先は長いしね。なんつうか、大きくなっちゃったなあ、というのはあるなあ。ぷくぷく赤ちゃん時代の息子を懐かしく、少し寂しく思い出す。でも前を向かなきゃね。今さら乳児の相手はムリ(体力的に)。

    0 コメント :

    Blog