Now Loading...

2017年4月26日水曜日

二年目の春の嵐

 とある教育施設で働く知人に聞いた話。知人の職場には毎年、多くの新一年生がやってくる。幼児気分の抜けない子らに「自分のことは自分でやろうね」と優しく諭す知人。素直に頑張る子どもたち。
 ところが迎えに来た親の顔を見た途端、「ママー、カバン!」と荷物を突き出す子どもたち。「あーはいはい」と何の躊躇もなくカバンを受け取る親……。

 「せめて『ママ、カバン持って』までちゃんと言え! 親もそれくらい自分で持たせろ!」とオフレコで叫ぶ(笑)知人に、あーわかるわかる、ごめんね、と何故か謝る私。
 幼児の頃は「重いものを持たせたら可哀想(=ふらついたら危ないし疲れて文句言ったり色々面倒)」だったのが、小学生になった途端、あの重いランドセルを背負って毎日ご登校だ。幼児気分ならぬ「幼児の親気分」が抜けず、つい世話を焼いてしまう。
 今では腕やランドセルの金具に色々ぶら下げて、まるでポールハンガーのような姿で元気に登校する息子は二年生。小学生ぶりも板についてきた感じ。

 「ねえ、こんど家に友だち呼んでいい?」と息子が訊いた。家に来たがっている友だちがいるという。いいよと言うと「せっかくだから、ほかにも何人か呼ぼうかな」。うんそうしなよ、と答えながら、頭の中で算段する母。お菓子は多めに用意しておいたほうがいいかな、ジュースも補給しないと……。
 幼稚園までは、友だちを家に呼ぶ行為には「おもてなし」の側面があった。幼稚園児は必ず大人である親と一緒に来るからで、大人を家に招くのに最低限の礼儀というのはやはりある。
 しかし今回は子どもだけ。遊ぶ場所とお菓子とジュースがあれば十分だろう、とノンキに構えていた。そして当日。何人くらい来そう? と尋ねた私に息子は指を折りながら言った。「うんと……10人!」

 は!? じゅ、10人!? アンタのクラス30人しかいないのに10人て!!
 「こんにちわ!」「おじゃまします!!」チャイムが鳴り、雪崩のように家へ駆け込む子どもたち。千手観音のように伸びる手によってお菓子はあっという間になくなり、1リットルパックのジュースも瞬殺。玄関を埋め尽くす10足の子ども靴と三台のキックスケーター。4対6で女の子が多く、通知表の通信欄に「男女隔てなく仲良くできる」と書かれただけのことはあるというか何というか……。
 息子の思わぬ動員力(?)に、自分で言うのも何だがマイペースで友人の多いほうではない(涙)母は口をあんぐりしつつ、まあ物珍しさもあったんだろう、次からはきっと減るはず。いつも息子がお邪魔しているおうちの皆さま、有り難うございます。六畳間で10人が一斉に菓子を食べると部屋がキョーレツに菓子臭くなるんですね初めて知りました……。

Blog